FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビリギャル 普通にあり得る話・・・

今週、子供が修学旅行にっている間、アマゾンプライムで配信されていたので初めて見ました。


巷では有名らしいですが、私は原作も読んでおらず、ご本人のことも塾のことも存じ上げません。
原作本。
原作は塾の先生が書いた本なんですね。本人じゃないんだ。

私もこのさやかちゃんと全く同様、ビリみたいなものでした、いまから思うと。ギャルじゃなかったけど。
さやかちゃんと第一志望が同じ。第二志望も受けましたから、とても良く分かりました。当時は試験に辞書持ち込み可になったととても話題になった試験でした。
さやかちゃんは結構早い時期の模試結果がE判定だとへこんでいましたが、私は受験直前の年末のY模試でなんとF判定でした。Fってあるんだ!と驚愕したことと、もうひとつ強烈に覚えているのが返却された時の様子。年明けの学校帰りにY駅まで結果を取りに行ったんです。当時はなぜか予備校まで取りに行ったんですよね、結果を。個人的に受けた模試です。そしたら、Yゼミの職員が私の模試判定書類を棚から取ってきて、一瞥して私に渡す時にフッて笑ったんですよ。
それでコンチクショウ受かってやる〜〜と思って、残り二ヶ月、それまで以上に死に物狂いで勉強しました。本当に勉強しました。
ちなみにさやかちゃんはのちにC判定(合格可能性50%)をとって希望が見えたって感じでしたが、わたしC判定なんていう素晴らしい判定はとったことなかった。でも出願したところほとんど全部合格しました。私の受験結果はさやかちゃんの結果とは逆となりました。ちなみに私の受験のモチベーションも、この映画の登場人物と同じ、ある種の復讐でした。(このYゼミの職員に対してじゃないですよ。別の件で。)

映画ではさやかちゃんは個別の塾で指導をうけていました。私も、個別ではないですが、寺子屋みたいな少人数の大学受験塾に一年だけ通いました。一年間だけみっちりやらせる塾でした。そこで日本史と英語を中心に学びました。大人数指導でなく少人数タイプの塾のほうが効率がよいということを私は自分が身を持って知っているので、子供にも進学塾には行かせません。
学校の同級生はみんな受験生同士で一緒に勉強していましたが、私は高3の夏休みもずっと一人で開館から閉館まで図書館にこもって勉強しました。

わたしもさやかちゃんと同様、高2の時点で基礎がほとんどなかったのです。中学に入学してから5年間ぼーっと学校の授業を受けていたということでしょう。寺子屋では英語は5文型の基礎からやりました。そういう塾だったのです。5文型は徹底して叩き込まれました。そんなこと学校でもやったはずですが、それを徹底して反復理解せよという指導をしてもらえなかったのが、中の下レベルにいた私の不幸だったのでしょう。英文を読むときは5文型のどれかを理解してから読むようにしました。そしたら、それまでなんとなくぼや〜っとしかわからなかった英語が、霧が晴れるようにさーーーーーっとわかるようになりました。一文10行以上のどんな長文でもクリアにわかるようになりました。あとは文法と単語をひたすら覚えて、問題をこなしていくだけです。さやかちゃんのように、辞書(もちろん当時は紙)をひたすら引きまくりました。それに慣れると、さやかちゃんと私の第一志望の学部の長文の英語も怖いことはありません。試験に辞書を持ち込めるのですから。私の英語はこの一年間で徹底的に鍛えたもので、方式としてはものすごく古典的です。単語は寺子屋に言われるままに「でる単」をひたすら暗記しただけですが、パーフェクトに暗記。これやってる受験生は実はそんなにいませんでした。英語に関しこの時期に理解したものと暗記したものって、今の私にも十分に残っていて、いまだに時々私を助けてくれます。さやかちゃんと同様、最終的には英語は偏差値70超えてました。

日本史は山川の赤い教科書を注釈まで全部暗記し文化などの暗記物もノートを作ってひたすら暗記しただけです。これも全部完璧に。これも完璧にしている人は実はそんなにいなかったってことです。これは、受験が終わったらあっという間にわすれました。今では小学生の息子レベルの知識もありません。

第一志望の大学は国語の試験がなかったので国語は後回し。他校受験の為に古文と漢文の暗記事項はメジャーな暗記本をパーフェクトに暗記。漢字は一冊やりました。これだけ。

日本の大学受験なんて、さやかちゃんの志望レベルならこんなものです。
よそ見せずにひたすらやればどうにかなるっていうレベル。東大に行けるレベルではないと自分ではっきり理解していましたが、私大文系ならこの方式でどうにかなるかなと。

だから今なら、私はこういう選択そのものには意味を見出せない。子供には私の真似してほしくない。

まあ、それ以前に、あのレベルの英語の試験なら幼少期から英語に触れて多読してきた子なら楽勝でしょうけど・・・。
人生において一度か二度、暗記も含め一生懸命死に物狂いで頭を使い勉強することはきっと有用でしょう。でも、だから何かというわけではない。効率よく覚えられたからといって、その人が優れているわけではないことは自分が良く分かる。
「良い」学校にはいるためなら仕方ないのでしょうけれど、その先に何があるのか、なによりもまず自分がやりたいことをよく見極めて進学先を選ぶべきだろうなと思います。
私は大学を選ぶ際にそうせず偏差値で選んだため後にすごく遠回りしたり色々ありました。
もちろん、本当にその大学を志望する理由があるのなら、入学するために死に物狂いで勉強するのはよい経験になるでしょうね。

だから偏差値とか学校名とか、学校選びには重要ではない。と今は親として、思います。

ちなみに・・・映画について。
さやかちゃんの出身校は中学受験しないと入れない学校です。だからセイトクタコなんて本当なのって思うし、高2で小四レベルというのも信じがたい。内部進学せず外部受験する子も一定数いる学校だから一人で孤独な受験生ではなかったはずだし、女子校で本当にあんな暴言を吐く担任がいたとは思えない(あんな男性教諭、ああいう学校じゃ生き延びれないはず)・・・とか、いろいろ疑問はあるけれど。
ま、映画ですからね。映画の話。
映画としてはふざけすぎず真面目すぎず、普通の映画でした。
なにより架純ちゃん可愛かった!!


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミルフィーユ

Author:ミルフィーユ
子供には、グローバル時代育ちの子としてたくましく生きて欲しい。
視野を大きく、小さいことにこだわらず、が子育ての目標。

息子:中学2年生
5〜7歳は海外でインター校に通っていた。
現在、日本の中高一貫校の中学一年生。

小2の7月に英検準二級取得。
小3の7月に英検二級取得。
小4の3月に英検準一級取得。
小6の7月に英検一級取得。

ブログ開始当初は小2だった息子、もう中学生。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
楽天商品検索
NATIONAL GEOGRAPHIC KIDS
ナショジオキッズ定期購読
私が利用するサイト
ホテル予約

子どもとの旅は予期せぬ事が起こるもの。キャンセル料がかからないプランを選べる。

航空券・ホテル予約

空席のみ表示され価格比較ができる。

LEGOLAND

スター・ウォーズのアドベントカレンダーが30%OFF
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
管理人へメール

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

洋書ネット注文
この二店を利用中。
Amazon.co.jp

便利で早いです。


紀伊國屋BookWeb

安くて豊富!どんな本でも海外取り寄せ。
Magic Tree House
息子が大好きなシリーズ。色々なテーマにそって時空を超えて旅をします。そのテーマについて興味を持つことができるので、低学年の読み物としてとてもオススメ。
hulu
レンタルせずにhuluで視聴!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。