スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小4息子の読む新聞 英字新聞と日本語新聞

息子は夏休み全然家にいません。
ただいま山村生活体験のサマーキャンプ中です!

Week1 ジジババ親戚宅
Week2 英語教室サマースクール
Week3 インター校サマーデイキャンプ
Week4 旅行
Week5 山村生活体験サマーキャンプ
Week6 在宅。宿題をやっつける

楽しそうで羨ましいです。

さて、今日は新聞の話です。
息子は小2で帰国してから毎日、M小学生新聞をかかさず読んでいます。
ほんの十分間ほどですが、毎朝おきたらすぐに自分のために届く新聞を取りに行き、少しでも目を通すということ自体が生活スタイルになっています。キャンプ等で不在の分も必ず取り置きしておいて後で読みます。読むのが好きというだけなので、その知識が身になっているかは分かりません。全部の記事を読んでいる訳でもありません。でも小学校四年生として今はこれで十分。新聞を読むということ自体が好きになり、最近は大人用の日刊紙にも目を通しています(理解できていないとは思うけれど、私もこれくらいの歳から新聞を読んでいたので読みたいのは分かる)。

これから小学校高学年という時期は、日本語でもだんだん大人の使う語彙に触れて少しずつ自分の物になっていく時期だと思います。
英語でも同じはず。ということは、英語に関しては今後(小学校高学年以降)決定的に語彙が不足していくことになるはずです。
海外で暮らして現地校に通っている子供でも、日本人などの外国人家庭で家庭内言語が英語でない場合は、学校の成績は良くても中学に入る時期あたりから語彙力がネイティブの家庭に比べると必ず明らかに劣ってくるとのことです。家庭内での会話や対話というのは、高学年になると社会的な話題や高度な思考・議論につながります。そういった場面での英語の語彙獲得がないというのは決定的なビハインド状態。

好きな物語を英語で読むだけではだめだろうなあ・・・と思っていたところ、小学生新聞を読む息子を見てふと思いました。英語でも新聞を読めばいいのでは・・・?と。

でももちろん日本で講読できる『小学生新聞「英語版」』はありません。(家庭用のそういう日刊紙、英語圏にあるのかな)
我が家で講読している大人用の日刊紙の販売店が取り扱っている英字紙を試しに一部ずつ試読させてもらいました。

Asahi Weekly

The Japan Times ST(Student Times)
です。
(上記リンクでサンプルが一号分見られます)

二誌を比べた結果、The Japan Times STを講読することに決定!

アサヒウィークリーと比べると、スチューデントタイムズの優位性は明らかでした。(子供に読ませると仮定した場合、です。)

両紙ともに週一度の発行ですが、スチューデントタイムズはページ数が割と多く、一ページびっしりの記事もある一方で数百字程度の小話的な記事もが沢山掲載されていて、子供が読める記事のボリューム的にとっつきやすい気がしたのが決め手です。
しかも内容的にも、通信社の配信記事をこまめに載せているようで偏りがなく、時事ニュースからハリウッドの話題までバラエティ豊か。
決定的な違いは、英語学習者用新聞、的な感じを過度に出していないところです。もちろん日本語による語彙説明などはあり、学習用の解説的なコラムやTOEIC対策問題の連載もありますが、あくまで新聞であることが第一になっているところが気に入りました。各記事の下に主要な単語の和訳が載っているのは両紙ともですが、STは本当に単語の意味だけ。あまり文法的な解説などはないです。
小4の息子はいずれにしてもそんな和訳や解説など読まないに違いないので(難しくて分からないから)、日本語での解説は最小限で良いのです。
帰国子女の子供にはやはりThe Japan Times STの方が人気があるようです。

朝日ウィークリーは、記事の英語レベル別に見出しが三種類に色分けしてあります。
初級(英検2〜3級、TOEIC400〜500点を目指す人向け)、
中級(英検2級〜準1級、TOEIC550〜700点を目指す人向け)、
上級(英検準1級〜1級程度、TOEIC700〜800点以上を目指す人向け)
という区分で、私が読んでみる限り上級向けの記事はやはり難しく、私自身が上級カラーの見出しの記事は読む気がしなくなってしまったのも決め手になったかもしれません(すごく後ろ向きな理由!)。
だって色分けされていなかったら取り敢えず読むかもしれないのに、英語のレベルが難しいと予め一目で分かってしまうと読む気がしなくなる・・・ってないかしら・・・??
アサヒウィークリーは英語学習者用の単語穴埋めクイズや文法解説、時事文章を使った大学入試対策の問題などが解説付きで載っていたりして、大学入試や英語の各種試験向けに良いように思いました。
全体の半分くらいが日本語です。朝日はこの新聞を「週間英和新聞」と呼んでいるようです。

両紙とも月に千円チョイなので、少しでも読む家庭にとってはとてもお得に思えます。
他に子供が読める英字新聞はないですし。
大人も読んで楽しい記事も沢山あります。

とり始めて数ヶ月。
息子は、まず小学生新聞→次に大人用日刊紙→やっと英字新聞、しかも朝から忙しい土曜日なので時間がある時にさささ〜っと読む程度ですが、面白い記事を見つけるとへ〜と言って読んでくれたりなどしているので、無駄にはなっていないようです。これからもとってねと言われているのでとってあげたいと思います。

さ〜せっかくだから私も読まないと・・・。




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ミルフィーユ

Author:ミルフィーユ
子供には、グローバル時代育ちの子としてたくましく生きて欲しい。
視野を大きく、小さいことにこだわらず、が子育ての目標。

セイ:中学一年生
5〜7歳は海外でインター校に通っていた。
現在、日本の中高一貫校の中学一年生。

小2の7月に英検準二級取得。
小3の7月に英検二級取得。
小4の3月に英検準一級取得。
小6の7月に英検一級取得。

ブログ開始当初は小2だった息子、もう中学生。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
楽天商品検索
NATIONAL GEOGRAPHIC KIDS
ナショジオキッズ定期購読
私が利用するサイト
ホテル予約

子どもとの旅は予期せぬ事が起こるもの。キャンセル料がかからないプランを選べる。

航空券・ホテル予約

空席のみ表示され価格比較ができる。

LEGOLAND

スター・ウォーズのアドベントカレンダーが30%OFF
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
管理人へメール

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

洋書ネット注文
この二店を利用中。
Amazon.co.jp

便利で早いです。


紀伊國屋BookWeb

安くて豊富!どんな本でも海外取り寄せ。
Magic Tree House
息子が大好きなシリーズ。色々なテーマにそって時空を超えて旅をします。そのテーマについて興味を持つことができるので、低学年の読み物としてとてもオススメ。
hulu
レンタルせずにhuluで視聴!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。